--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-03-27

アダルトビデオ調教日記 第18回

室町時代のエロ破壊僧、果てしない性欲を唄う、その正体は、あの、とんち坊主


 最近新しい「AV調教」の獲物見つけちゃいましたっ!
 三十路バツイチ子持ちOLのUNIさんという女性です! 
 彼女は見かけはSっぽくて女王様スタイルが似合いそうな美人なのですが、今までちゃんとAVを観たことが無いというのでAVを押し付けてあげました。

「別れた夫と2人で何度か見たことはあるけれど・・・」 

 と口を濁した彼女。

 わかっとるでぇ・・・男と2人でAV観るっちゅうのはプレイの前戯みたいなもんやさかい、途中でハメてしもて、最後まで観られんよなぁ・・・と、口には出しませんでしたがきちんと察した藩金蓮さんでした。

 AVは1人で観るものよっ! バツイチママとなり人生の辛酸を舐め熟女の色気をかもし出し始めたUさんが、AVを観てどんな世界が開けるか楽しみな冬。

 にやり。



 最近不景気で世の中暗いさかい、こんな楽しみでも見つけなやっとられまへんなぁっ!

 さて、お正月はわたくしは初詣に神社ではなくお寺に行ってきました。
 寺が好きだから、理由はそれだけです。
 京都に住んでるのも寺が好きだからなんです。
 寺は好きだけど、坊主は特に好きというわけじゃあないんですけれど、坊主と結婚した友達は2人おります。

 お坊さんは今でこそそうして結婚もされてますが、昔は建て前としては肉を食うのも酒を飲むのも女とヤルのも禁じられておりました。 ただ、それはあくまで建て前で影では坊さんもそら人間ですからやることはやってたんです。

 ところが、室町時代に、その「建て前」に背を向けて堂々と女とやりまくり、それを歌に唄っていた坊さんがおりました。
 その名は、「一休さん」。

 あれ、一休さんって、あのトンチの一休さん? 

 と思われた方も多いんじゃないでしょうか。
 新右衛門さんやさよちゃんや桔梗屋さんが登場するあのアニメのあの目のくりっとした可愛い「一休さん」。

 あの方は実在の人物ですが、現実では相当なエロ坊主で仏教界から「悪魔」と罵られ、未だにその奔放な性を詠った歌に関しては触れられることがタブーとなっている強烈な方だったのです。
 
 一休さんは77歳で30代の森女という盲目の女芸人と知り合いまして、その女性の女陰がどうのこうのとか、彼女に触られて勃起して嬉しいとか女陰の匂いが芳しいとかキスが好きだとか淫水を口に含めば清らかな香りがするとか、延々とそういうエロ歌を書き残しており、88歳で亡くなるまで彼女と交わり続けたと伝えられております。

 ちょっと! そこの30代だか40代だか50代だかで、「俺、もう年だから弱くなっちゃってさー」とか言ってるお前っ!

  お前だよっ! お前っ! 

 一休さんを見ろよっ!
 80代で、30代の女盛りとやりまくり舐めまくりっすよっ!!
 見習えとは言わないが枯れるの早過ぎねぇかっ! (って、誰に向かって叫んでんだよ)


 一休さんは、只のエロ坊主ではございません。
 天皇の子供であり、その墓は宮内庁により管理されております。
 また大徳寺という大変格式の高いお寺の住職を勤められていたこともありました。

 そんな偉い坊さんが自らの「クンニ」を歌っちゃってるんだから、坊主もあなどれねぇ。


 子供の頃は無邪気に見ていたアニメの「一休さん」ですが、真実の一休さんを知ってからは、なんとも複雑な心境で「放送禁止にした方がええんちゃうかぁ」とすら思ってしまいます。


 って、それは嘘ですけど、不景気な世の中だからこそ性欲までも枯らすんじゃねぇよっ!


                             (DMM DVD 2009年 2月号掲載)
スポンサーサイト

2009-03-01

アダルトビデオ調教日記 第17回

奈良県に残る謎の古墳古代の姫の死因を探る
ミステリーエロロマン



 皆様、あけましておめでとうございマ○コ


 と、お約束の台詞で今年も下品なバスガイド藩金蓮お姉さんでございます。 
    
 ところで皆様、お正月と言えば、餅です。餅食ってますかっ! 餅を人肌に温めてチ○コ挟んでしごいて「パイズリ」オナニーなんてしてねぇよなぁっ! しててもいいよっ! お正月だからっ! みんなどんどんオナニーしろよっ! 

 女の身としては、正直「パイズリ」の何が気持ちいいのか全然わからないのですが、この時期はよく年寄りが餅を喉に詰まらせて死亡というニュースを目にします。
 実際に餅を喉に詰まらせて亡くなった方に対しては申し訳ないのですが、不慮の死に遭遇するにしても、そういう死に方だけはしたくねぇなぁと正月の度に思うのです。
 しかもそれから毎年正月が命日やら法事ですよ。あけましておめでとうって挨拶できなくなりますやん。家族も翌年から餅食えなくなるしよ。


 あと、奈良に仕事で行く度に私が「こんな死に方は絶対にしたくねぇっ!」と思わせる場所があります。
 奈良県桜井市の箸墓という古墳です。
 こちらの箸墓というのは日本書記によりますと倭迹迹日百襲媛命(難しい字でごめんなさい。ヤマトトトヒモモソヒメと読みます)という女性の墓だと言われております。何故この墓が「箸墓」と呼ばれているかと言いますとね・・・


 ヤマトトトヒモモソヒメの元に夜な夜な訪れる男がおりましたのねん。この男の正体は「オオモノヌシ」という神様だったのですが、彼が夜にしか訪れないためにヒメは、彼の顔を見たことがなかったのです。
 ヒメはある日こっそりと、光を近づけて彼の姿を見ると、自分が交わっていた男の正体はなんと「蛇」だったのです。正体を見られたオオモノヌシは怒り山に帰りました。

 自分の行為を恥じたヒメは、その場に倒れこみ、その拍子に「箸」が、マ○コに刺さり死んでしまいましたとさ
 そのことからヤマトトトヒモモソヒメの墓を「箸墓」と呼ぶのである・・・って・・・


 この話には他にも「蛇の姿を見て驚いた拍子にマ○コに箸が刺さって死んだ」とか「自分の行為を恥じて、自らマ○コに箸を突き刺して死んだ」という説もありますねん・・・って・・・驚いて倒れこむにしろ、自殺するにしろ、なんでマ○コに箸? しかもそれで死ねるのか?? ほんで千年以上後まで、マ○コに箸が刺さったから自分の墓が「箸墓」とか呼ばれて残されるなんて・・・

 古代神話には、こういうツッコミどころ満載の話がたくさんございます。
 「日本」の国を造ったとされるイザナミという方は、火の神様を産んだ際に、マ○コを焼かれて亡くなったとされています。焼死するにしても、マ○コが焼けて死ぬなんて、想像するだけでも痛くおそろしいです。痛たたた・・・古代神話は女にとってのホラーなのか。いや、ホラーっちゅうよりスプラッタですなぁ。

 個人差もあるようですが、処女喪失って、相当痛いんですよっ! 私は経験無いけど、出産も悲鳴を挙げるほど痛いらしい。女はマ○コを痛い目に合わさないと快楽や子供を得ることが出来ないのですよっ! 

 ちなみに実際に箸墓古墳を通る時には、「マ○コ」とかお客さんの前では言えないので、他のバスガイドさんに聞いても皆、「身体に箸が刺さって死んだ」とかごまかしてるようです。

 マ○コに箸が刺さるのは痛そうで嫌やけど、お正月に「豆!」とか言って箸でクリ○トリスはさむプレイならめでたくていいかもね!



                     (DMM DVD 2009年 1月号 掲載)
プロフィール

hankinrenero

Author:hankinrenero
藩金蓮 or 蓮月詠子

職業は、バスガイド、社長秘書など。たまに文章なども書かせて頂いております三十路独身関西在住アダルトビデオ・日本史・京都が好きな女です。メインブログは「歌餓鬼抄」http://d.hatena.ne.jp/hankinren/ですが、こちらのサイトでは、雑誌掲載記事などを中心にUPしようと思っておりまする。

「狂蓮集」とは、一休宗純和尚の「狂雲集」のもじりで、
「一期は夢や ただ狂へ」は、「閑吟集」の中の一句から拝借しております。

すきなもの:京都、日本史、エロビデオ、山田風太郎、団鬼六、坂口安吾、エディット・ピアフ、司馬遼太郎、楠木正成、高杉晋作、和陶器、上村松園、織田信長、お市の方、静御前、京マチ子、平野勝之、空中奥さん、などなど。

メッセージはこちらまでkazusanosukechan@hotmail.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。